ブラックリストについて調べてみました!

ブラックリストについて調べてみました!

ブラックリストにのる、というと、貸金業者間共通の顧客リストがあって、そこにのってしまうイメージがあったんですが、よく調べてみると、そうではないことがわかりました。ブラックリストとは、信用情報機関という、個人の返済能力についての情報を記録している機関の事故情報のことで、例えば借金を一定期間以上返済しなかったり、破産や債務整理をした場合、その情報が事故情報として信用情報機関に登録されてしまいます。これが、「ブラックリストにのる」ということになるわけです。

では、具体的にどういう状況になるとブラックリストにのるのか?

まず、借金の返済を3カ月以上しなかった場合。
そして、債務整理や破産手続きをした場合。
つまり、借り倒そうとした場合、間違いなくブラックリストにのります。

過払い金請求はブラックリストにのりませんが、借金返済中で、過払い金請求をして戻ってきた過払い金で借金が完済できない場合は債務整理となるのでブラックリストにのります。
私の場合は、調べてみたところどうも過払い金請求しても債務整理になる可能性が高いようです。それでも過払い金は返ってくるので、ブラックリストにのってもいいから過払い金請求しちゃおうかな、とか思ったりします。

だって、かなりキツイ状況ですもん。
ブラックリストにのっても、7、8年クレジットカードが作れなかったり、新たに借金できなかったりするだけでしょ?

もうここまでくれば、クレジットカード使えなくなったり、作れなくなったりなんてどうでもいいです。新たに借金しようなんて思いませんしね。
過払い金が返ってくれば、それを返済に回して、あとは色々金策を考えてるんで、それで何とかやっていけるんじゃないか、と。

ブラックリストにのるリスクが、私にはあまりないように思えてきました。
どのみち3カ月返済しなかったらブラックリストにのってしまうわけだし。それならラクな道を選んだ方がいいかな、とか思ったりしますよ。
ようは、嫁にバレなきゃいいんです。

債務整理は自分でやるのは困難なので、司法書士に頼もうと思います。報酬は、なんとか金策で作るしかないですし、最悪応相談ということで…。

とまあ、私の話はこれくらいにして、ブラックリストについて調べたことを書いてみました。意外とイメージと違う部分もありましたが、借金をした時点で信用情報機関に登録されるので、ブラックリストにのる覚悟はその時にしておいたほうがいいかもしれませんね。
借金とブラックリストって、それくらい身近なものだと感じました。

過払い金計算が無料
おすすめ司法書士・弁護士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士事務所きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求について