俺にも関係あるのか?過払い金請求!

俺にも関係あるのか?過払い金請求!

今、テレビのCMなんかでガンガンやってる「過払い金請求」ってやつ。今回はアレについて色々調べてみました。

家のポストに投函されていたチラシを見たのがきっかけです。
最初は借金返し終わった人がやるやつなのかな、と思っていたんですが、返済中もできるみたいなので、ちょっと気になりだしたんです。借金が少しでも戻ってくるとしたら、うれしいじゃないですか。

そもそも私のケースと関係あるかどうかも知りたかったので、興味ついでにネットで色々と検索して。

まず、過払い金が何故発生するのかについて。
金の貸付は利息制限法で、貸付金額によって利息が制限されているんですね。10万未満なら年利20%、10万以上100万未満なら年利18%、100万以上なら年利15%と、それぞれ制限されていて、金利がそれを超えると過払い金が発生するというわけです。
例えば、A社から100万借りていた場合、金利が年15%を超えていたら過払い金が発生していることになります。

つまり、年利が上記の制限を超えていたら過払い金が発生するというシステムになっているわけです。

2007年までは、消費者金融系のローンはこの制限を超えていた可能性が高いのですが、これは元々の出資法の制限金利が29.2%になっていたため、利息制限法の制限とギャップが生じ、これをグレーゾーン金利と呼んでいるようです。

ちなみに貸金業法の制限金利が利息制限法の制限金利にまとめられ、グレーゾーン金利がなくなったのは2010年ですが、その元となった裁判の判決=「グレーゾーン金利を認めない」がでたのが2006年なので、2007年以降はたいていの消費者金融が金利を改めたようです。

なるほど~。
では、どのようにして過払い金はもどってくるのでしょうか?
まず、過払い金が請求できるのは「完済してから10年」と決まっています。それを超えてしまうと、請求できない場合があるらしいです。2007年までは上記の利息制限を超えて返済していた可能性が高いんですけど、例えば2006年に完済していた場合は2016年の完済日までが請求できる期限になるんですね。

期限内の請求なら、過払い金が戻ってきます。
ただし、返済中の場合は、過払い金請求は債務整理と同じになるそうなので注意が必要とのこと。過払い金はあくまで完済した借金についてのみ請求できるんですね。
つまり、まだ返済中の私は、これをしてしまうと債務整理になってしまい、ブラックリストにのってしまうわけです。トホホ…

つまり、過払い金がもどってくる条件は、「すでに完済していて、10年以上たっていないこと」になります。
過払い金請求すれば、誰でもどんなケースでも必ず戻ってくるわけじゃないことに注意しましょう!

過払い金計算が無料
おすすめ司法書士・弁護士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士事務所きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求について