友達に金を借りようとした時に言われた…キッツーイひと言

友達に金を借りようとした時に言われた…キッツーイひと言

「消費者金融で借金しないで、友達から借りれば?」
と思われた方、もちろん私も最初はそう思いました。
多額は無理でも、スロット一回分くらいならなんとか貸してくれるのではなかろうか?
そう思うのが人間の情ってやつじゃないでしょうか?

利息もないし、定期的に定額を返済しなくても、あるとき払いってやつですむでしょう。
そんな軽い思いで、10年来の親友に相談したんですよ、私も。

「10万?何に使うの?」

と親友。そんなこと聞くなよ、と思いつつ、
「いやー、スロットする金がなくてさ。来月返すから貸してくんない?」
親友だからこそ、本当のことを言うべきだ。私はそう思って率直に頼んだんですよ。

そしたら…。
「スロット…。普通借金してまでやらないだろ、おまえの立場で。」
と鋭い一言が。

「いや…」
「大体友達からスロット代借りるなんて、最低なやつのすることだぞ。正直、見そこなったな。」

いやはや、キツイ一言で応酬されました。さらに、
「奥さんには相談したの?奥さんの許可なしにスロットやるなんて、おまえの歳であり得ないだろ?」

相談したら、やらせてもらえるわけないじゃんか!
とは言えずに、何とか貸してもらおうとすがることにしたんですが、
「そんなこと言えたら苦労しないよ。なあ、頼むよ。来月には耳そろえて返すからさ~」
「じゃ、来月はスロットどうするんだよ?誰に借りるんだ?」

なるほど、そうきたか。頭が真っ白になりました。
「え、いや、来月は…やらないよ。今回限りでやめようと思ってさ。で、お願いしてるわけよ。」
「嘘だな。俺の知り合いにもいるんだよ、スロットにハマりすぎて借金地獄に陥ったやつが。悪いけど、ほかあたってくれよ。おれ、おまえを地獄に落とした張本人にはなりたくないからさ」

なんだと!言わせておけば!!
「どうしてもだめか?」
「ダメ」
「そうかい、わかったよ!もうおまえには頼まないよ!」
と啖呵をきってその場を後にし、それ以来その親友とは絶縁状態に…。

友達は、友達だけはやめた方いいんです。友情こわれますから、絶対。

親友に言ったことはもちろん半分は本当ですが、「今回限り」の件は嘘です。とりあえず一回分借りれれば、と甘い考えを抱いていたわけですよ。

友達から金を借りるのは、せいぜいタクシー代くらいにしておいたほうがいいです。10万も20万もなると、闇金で借りるよりも悲惨なことになりかねないです。
まあ、後悔先にたたずってやつですね。
反省。

過払い金計算が無料
おすすめ司法書士・弁護士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士事務所きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求について