子どもの夏休みには野球観戦

子どもの夏休みには野球観戦

私の日常について少し書いてみたいと思います。

私の息子は小学一年生で、野球が大好きな普通の男の子です。
ええ、私の息子とは思えないほど純粋で無邪気です。まあ、小学一年生で今の私と似てたら困るんですが(苦笑)。

私には厳しい嫁も、息子には甘々で、習い事に学習塾にとガンガン金をつぎこんでますよ。無理やり行かせてるわけじゃなくて、息子が行きたいと言ったところにしか行かせてません。優しい母親してるんです。

この夏休みには野球観戦に連れて行ってやりました。
もちろんプロ野球のね。
巨人対DeNAの試合で、外野席のチケットをとって見せてやりました。
息子は初めての東京ドーム観客席に大はしゃぎで、ボールを取る、と意気込んでましたよ。

どうして子供って、巨人が好きなんですかね?
東京生まれだからかな?
横浜生まれの私は、DeNAの方に肩入れしてるんですけどね。大洋時代からのファンです。まあ、そんなに野球にハマってるわけでもないし、詳しくはないんですけど、なんとなく故郷びいきってやつですかね。

息子は、最初の内、特に2回裏で巨人が5点先取したときは熱狂してましたが、実況中継と違って細かい部分がよく見えないですし、実況も聞けないんで途中から飽きてしまったようでした(笑)。まあ、2回裏以降は際立った盛り上がりもなく、7回表にDeNAが2点取りましたが、息子の手前盛り上がるわけにもいかず、試合は思ったほど楽しめませんでしたね。

それでも、ドーム内でグッズ買ってやったり、食べさせてやったりして、父親らしいことして、息子とも久しぶりによく話せて、充実した一日でしたよ。息子は、結局巨人が勝ったので、試合後は上機嫌でした。ファミレスで遅い夕食を二人で食べたんですが、そこで学校のこととか、習い事の空手のこととか色々話しました。このひとときは、借金のこともスッカリ忘れることができました。こういう時間も必要ですよね。

スロットばかりやってて、息子とどこか二人で行ったりなんてほとんどなかったので、すべてが新鮮でしたよ。
野球の前後も楽しかったですけど、行き帰りの電車の中でも息子の夢を初めて聞けたり(野球選手って、ありがちな夢でしたけど)、キャッチボールの約束したり、父親の喜びを満喫できましたね。

それだけに、家帰って寝る前になって、少しナーバスになりました。
今までの借金漬け&スロット浸りの毎日で、家族を顧みなかったこと、特に息子のことを良く知らなかった自分に気付かされたので、ちょっとショックでもありました。

ダメな父親でゴメンね。

過払い金計算が無料
おすすめ司法書士・弁護士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士事務所きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求について